スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び90円を割ってきた。

ドルが再び90円を割ってきた。
しかしそれ以上にユーロが弱い。
欧州経済の足元の景気回復が米国以上に弱いのも影響しているようだ。
豪ドルも80円を久々に割る展開となりそうだ。

豪ドルはしっかりした景気回復や3ヶ月連続の金利引き上げもあって先高間は強い。

一方でこんな見方もある。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州の最低時給は15Aドルくらいだ。
1ドル80円で考えれば1,200円となる。
かたや東京都の最低時給は791円である。ずいぶん開きがあるとは思わないだろうか。

この最低時給を基準に通貨の価値を一致させようとすると1豪ドル=53円くらいとなる。

為替の高い安いはさまざまな基準で比較される。(時にはビックマックやスターバックスのラテの価格で!)
それによって、安いとも高いとも取れたりするので正解はない。
時給での為替比較ひとつとっても為替レートがおかしいのか日本、または豪の最低時給がおかしいのかという議論もある。
とはいえ庶民の肌感覚に近い"時給"というのはひとつのものさしといえるかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。